【ILC 2016 in Japan】開会セッション:文善進UPFインターナショナル議長がメッセージ

文明、宗教、政治の壁と超えて真に世界平和を語り合える場所を


会議は11月16日午後から行われた開会セッションで幕を開けました。

冒頭、林正寿・早稲田大学名誉教授が挨拶を行い、英国のEU離脱や米国大統領選の結果、韓国・朴槿惠政権の動向などを例に挙げながら、現代を「不確実性の時代」と表現。その上で、「UPFの創設者である文鮮明・韓鶴子総裁がかねて強調しているとおり、日米韓の協力が今こそ不可欠です」と述べました。

また、宋龍天UPF日本リージョン会長は、現在、世界各国でUPF主催によるILCが開催され、各国の国会議員のネットワーク形成に向けた提案が行われていることを紹介。こうした取り組みについて、「文明間の壁や宗教と政治の分断、国益を超えて、真に世界平和を語り合える場所をつくりたいというUPFのビジョンによるものだ」と述べました。

文善進UPFインターナショナル議長は記念メッセージで、自身の両親でもある文鮮明・韓鶴子総裁の平和思想とUPFの理念について説明しました。同議長は「UPFでは宗教間の協力、家庭の強化、国連の活動を支援し、紛争の平和的解決と人道支援に向けたソフトパワーによるアプローチを提唱し続けてきました」と述べ、具体的事例として、昨年、未来の人類のために貢献した個人や組織を讃えるための「鮮鶴平和賞」を創設したことを紹介しました。

さらに同議長は、世界中で起きているテロやデモ、汚職などが憎しみを助長し、社会や世界の人々の間の信頼を傷つけていることに言及し、今こそ透明性やパワーバランスが必要な時代だとした上で、「私は両親から、自分のためではなく世界のために生きなければならないと学びました。この哲学、この思想は、より高次元のガバナンスを目指しており、右翼でも左翼でもない『頭翼』の思想は、人類一家族の実現と真の愛を中心とした恒久平和を導いてくれるものです」と訴えました。

UPF国際会議レポート